どうも、りょうです。

 

ネットビジネスだけで生活して
もう3年以上経つ。

 

最初は新卒で大手の銀行に入り
そこで働いてたんだけど、

24歳のときに退職して、
ネットビジネス1本で
生活するようになった。

 

退職するときのことを振り返ると、
当時はかなり葛藤があったことを
鮮明に覚えている。

 

安定した道を捨てて
自分でビジネスをする選択は相当迷った。

 

迷う理由はいくつもあったが、
その中の一つに「親が悲しむ」
というのがあった。

 

なんか今の僕を知ってる人からすると
「そんなんで悩むのか」と思われそうだが笑

 

 

ただこの葛藤や悩みってのは、僕みたいな
無難な人生を歩んでいる20代の会社員に
多い悩みだと思うんだ。

 

10代のときからしっかり勉強して
良い大学に入って大企業に就職できた、
いわゆる普通の子、真面目な子、優等生な子

 

そういう人がぶち当りそうな悩みだと思うので
今日は会社の退職のときのことを書く。

 

大企業を辞めるという選択

 

今の時代はSNSで稼げまくってたり
情報発信ビジネスをすれば
誰でも月100万はいけるし
noteやツイッターで
10代からごりごり稼いでいる人が多いし、

 

ここ1年で副業解禁や終身雇用の崩壊などがあり、
そこまで起業や独立の抵抗は少ない時代かもしれない。

 

しかし、3年前はそんなニュース
ほとんどなかった。

 

大企業に就職できたら安泰、安心という風潮が
今より強かった。

 

僕も無難な思考をしていたので、
入社できた大手銀行に誇りを持っていた。

 

・誰もが知ってる大企業だ

・収入も1000万到達できそうだし
なにより世間体が良い

 

そんなことを思っていた。

 

しかし、入社して2年くらい経つと、
どうしても辛くなってきた。

 

やりがいのない誰でもできる仕事
長時間労働
くだらない社内政治

 

こんなのがあと40年続くなんて
退屈で耐えられなくなった。

 

どうしても会社を辞めたくなり、
自分でビジネスに挑戦したくなった。

 

大企業を辞めるという選択肢が
思い浮かぶようになり

 

しかし同時に言い訳も
たくさん浮かぶようになった。

 

大企業を辞めたら親が悲しむ

 

退職を踏みとどまってしまう理由の一つに

親が悲しむだろうな、という理由があった。

 

僕の家は貧乏だった。

 

父親は高卒で働いてるし
母親も当然共働き。

 

息子には将来苦労してほしくないからこそ
大学まで行かせてくれた。

 

奨学金を借りたとはいえ、
高校時代の塾のお金など
いろいろ相当苦しかったと思う。

 

そこまで僕に投資してくれたからこそ、
僕が大手の銀行に入れたことは
両親からしたら相当嬉しかったそうだ。

 

僕より僕の親の方が
大企業に価値を感じていたのだ。

 

社会的信用バツグン
年収1000万

 

これでお金に苦しめられることはない

 

そう親は思っていたようだ。

 

僕自身は、最初は親と同じように、
社会的信用や、比較的高所得な
銀行員という仕事に価値は感じていたが、

 

次第にその気持ちはなくなっていった。

 

別に社会的な信用があっても
そんなに人生でメリットないなあ・・・

 

年収1000万捨てるのはもったいないけど、
それ以上に成功できるかもしれないのであれば、
たった一回だけの人生だから挑戦してみたいなあ

 

仮に失敗しても、そもそも物欲とかないから
収入減ってもいいしなあ

 

僕はそういう思いになっていったんだ。

 

だからこそ入社して2年経つ頃には、
僕はもう大企業に価値を感じていない状態だった。

 

でも辞めるとなると親が悲しむ。

 

さてどうしたものか、考えた。

 

親が願ってるのは子の安定ではなく幸せだ

 

親が僕が大企業で働いてることを
めちゃくちゃ喜んでる。

 

それはなぜか考えた。

 

きっと、安定してるから幸せに生きられると
思ってるからだと思った。

 

つまり幸せにつながってるから喜んでいると。

 

じゃあ、いくら安定してても、
その安定が幸せじゃなかったら
親としても本意じゃないだろうと
論理を作ってみた笑

 

僕はもうそのときの安定が
幸せにつながってなかった。

 

窮屈で退屈で絶望で、
そのときの安定が不幸の根源でさえあった。

 

例え不安定になっても、失敗したとしても
自分の力を試したり、
チャレンジングな生活を送ってみたい

 

そのほうが例え収入が落ちても
僕は幸せだ、そう自分で思えた。

 

僕が幸せなのであれば親もOKなはずだ、と。

 

そうなんとか自分を納得させて退職した。

 

 

ちなみに、退職する時は両親に言ってない。

 

相談するつもりはなかった。
すでに自分の中で決定していたことだから。

 

どうせ言っても反対されるから
言わないでおこうと思った。

 

で、退職してから
「会社辞めたわ〜」と親に事後報告した。

 

案の定、ドン引きというか、
すごく悲しんでいた。

 

「まあ俺は絶対成功するし、例え成功しなくてもこの人生の方が幸せやから悲しまんといてくれ」

 

と言い残して、ネットビジネス人生が始まった。

 

 

——————-

 

 

あれから3年。

 

別に大成功はしていないけど、
一般的にみたら豊かな生活をしている。

 

月に数百万稼いでいるわけだから。

 

実家に帰るたびに、親に金をあげてる。
それも異常な額を。

 

 

ただ、親は別に僕が稼げていることに
喜んだりはしてない。

 

「無理したらあかんよ。まず体が一番。
健康にだけ気をつけなさい。食生活をしっかり。
収入はきちっと安定して生活できればそれでいい。」

 

とよく言われる。

 

ぶっちゃけ今でもサラリーマンに戻って欲しい
と思ってるんだろうなという気がする笑

 

絶対戻らないが笑

 

 

そんなことをこの正月の帰省で
思い出しましたね。

 

今回は以上です。

 

P.S.

 

北海道展に行ってきました。

 

 

うますぎて震えています・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして450万円を稼いでいます。
しかし、
月収450万を稼いでいますと言っても
信じられないと思います。

何か専門的なスキルを持ってるんじゃないか?
才能やセンスが最初からあったんでしょ
何か特別や怪しいことしてるんじゃ?

そう感じると思います。

でも僕はもともと普通のサラリーマンでしたし、
何も専門的な能力などありませんでした。

そんな僕でもネットビジネスを勉強し実践し、
ここまで稼げるようになりました。

要は知ってるか知らないか。
ただそれだけなんですよね。

正しく勉強して実践すれば
誰でも稼げるし、稼げたら自由になれるし
自信もつきます。

こういった経緯から
「ビジネス初心者が0から行動して資産をつくっていく方法」
をテーマにメルマガで公開しています。

興味があればサクッとメルマガに登録して読みすすめてみてください。

→りょうのプレミアムメルマガを読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「この記事は良い」と思ったら

下のSNSボタンでシェアしていただければと思います。