こんにちは、りょうです。

 

最近は税理士さんと、会社の運営について
何度か打ち合わせをしています。

 

とりあえず今年も売り上げは順調で、
このままいけば昨年より大きな売り上げで
着地していけそうです。

 

毎月100万以上稼いでいますが、
別に従業員を雇っているわけではないし、
オフィスもないので近くのカフェで
気楽に仕事をしている日々です。

 

パソコン1台だけでビジネスをしているので
店舗や在庫を持つ必要もなく、
売り上げのほとんどが利益になります。

 

ワイファイさえつながれば世界中で
仕事ができるので、今年は
月に1回のペースで海外旅行に
行っております。

 

ちなみにこの記事は、平日の昼間から
ノリで四国の道後温泉に来ており
そこで書いてます。

 

こんな話を3年前の自分に言ったら
きっと夢物語だと思われ
信じてくれない気がします。

 

そんな理想の暮らしあるわけないじゃないか
うさんくさいな、信じられない

 

という反応でしょうね。

 

実際、毎日すごく充実しています。

 

でも3年前の自分は、
こんな日常からかけ離れていました。

 

あの頃は僕はサラリーマンでした。
とある銀行に務める、どこにでもいる
サラリーマン。

 

サラリーマン生活は、控えめに
言っても地獄そのものでした。

 

朝6時から夜11時まで仕事。
そのあと夜中2時まで飲み会。
ノルマノルマノルマ。
休日の社内行事。

 

社内政治
上司への忖度
しがらみやプレッシャー

 

2年半サラリーマンをしましたが、
あの日々で心から笑ったことは
1回もなかったんじゃないかな。

 

こんな苦しくて、おもしろくなくて
生きている心地がしない日々が
一生淡々と続くんだ…

 

もう人生消化試合みたいな感じだな…
終わりなき日常を淡々と生きてる気がする…

 

そんな日々でした。
社会に抑圧され、人間関係に縛られ
呼吸がしにくくなっていたような気がします。

 

社会でもみくちゃにされながら働いている人には
僕みたいな体験をしている人が多いと思います。

 

今日は、自分の経験を振り返って、
抑圧された社会を生き抜く方法を僕なりに
書いてみたいと思います。

 

抑圧と社会人、閉塞感と人生

 

冒頭で書いた僕の銀行員生活って
別に僕だけの特殊な社会人生活じゃないと
思うんです。

 

会社で働く以上、仕事は
マニュアル作業になるだろうし、

 

社内政治や派閥運動、人間関係の板挟みや
悪口陰口、忖度や愛想笑いはどの企業でも
あることだと思います。

 

そういう煩わしさが全く無いと
社会は成り立たないと思うし、
社会を回す潤滑油ではあると思います。

 

ただ、そういうのに向いてない人にとっては
すごく苦痛に感じることだし、

内心「くだらないなー」と思いながら
貴重な自分の人生の時間を切り売りするのは
すごく馬鹿らしいと思うんですよね。

 

例えばうちの会社は、飲み会がすごく盛んで、
ほぼ毎日夜11時まで仕事してるのに、その後
週4くらいのペースで飲みに連れて
行かされるんですよ。

 

もうくたくただし、
気を遣わないといけないし、
めっちゃ大変です。

 

心の底では「めんどくせー」と思ってるのに、
飲み会を欠席したら欠席したらで

 

「あいつは意欲が無い」とか言われて、
仕事で理不尽な処遇になったり
することもあるんです。

 

中学生のいじめかよw
みたいな感じです。

 

そういう人間関係での煩わしさが
社会人は大量にあるし、実際の業務面でも、
どれだけ頑張って働いてもお金持ちには
なれない給与体系だったり、

自分の意思が一切反映されずに
全国転勤で意味不明なところに
異動があったりとか…

 

これが40年続くのか!?
この不毛な終わりなき日常はなんなんだ…
抑圧されて胸が締め付けられるような生活でした。

 

こんな苦しい思いをするために
生まれてきたわけじゃない。

絶対にこの生活から抜け出してやるという
思いになったのは24歳の時。
社会人3年目です。

 

抑圧された現代を生き抜く方法は2つ

 

僕なりに、この今の世の中を
幸せに生き抜く方法を書きます。

 

まず1つ目。

 

サラリーマン生活一本と
割り切って生きていく方法。

 

 

え??
となった人もいるかもしれませんけど、
実際、サラリーマン生活で
幸せに生きていける人はいます。

 

仕事ができ、社内の人間関係もそつなくこなし
大きい仕事ができることに喜びを感じ
世の中で”王道”とされている生き方を望む
社会適合できる人間です。

 

漫画『島耕作』の主人公みたいな人ですね。

 

僕の友達にもそういう人間はいます。

 

そいつは三井住友銀行で働いていて、
仕事もしっかりでき
去年同じ会社のかわいい女の子と結婚し
高級車を買い、最近子どもが生まれました。

 

上司たちからもかわいがられ、
休日も上司に誘われて遊んでいます。
(僕だったらストレスで死ぬ)

 

そういう人間関係も
あまり苦じゃない性格だと
本人は言っていました。

 

まあ、こういうリア充と言われるような人は
サラリーマンとして大きな会社で生きていくのが
幸せなライフスタイルだと思います。

 

 

で、こういう生活にチャレンジしたものの
拒絶反応が出てしまった人たちの
幸せな生き方が2つ目となります。

 

それが、

 

社会不適合者として生きる

 

という道です。
僕もこちら側になります。

 

 

社会不適合者って聞くと、一見すごく悪い
イメージだと思うんですけど、
それは勘違いだと思います。

 

社会不適合者って、2種類いて、
全く社会生活がままならず、
引きこもりとかをしている人と、

 

自分でビジネスをやって成功していて
一般社会に馴染む必要がなくて
馴染まない人たちの2種類いるんですよ。

 

 

で、僕が言っているのは後者です。

 

僕たちは後者を目指しましょう
後者として生きましょう
っていう話です。

 

一般的に
「社会性があるね」
「社会に適合してるね」
って言われるのは別に褒め言葉じゃ無いと
思うんですよ。

 

結局それは中間層です。
中間層は別に豊かでもなんでもありません。
銀行員のときに経験したからわかります。

 

世の中の人間を3種類に分けると

①引きこもりなどの社会不適合者
②会社に務める普通の社会適合者
③自分でビジネスをしている豊かな社会不適合者

 

に分類できます。

 

で、②の生活に違和感を抱く人は
③にいける資質があります。

 

①の人も③にいける資質があります。

 

でも②で快適に生きている人は
③にいけないんですよ、絶対。

 

いこうという発想にならないし、
いく必要性を感じないからです。

 

だから②にならなくていいと思うし、
社会に適応できたら逆に不幸だな、と
思うわけです。

 

③の、自分でビジネスをしている人って
実は①の人とあまり性質は変わりません。

 

ネットビジネスだと、ネット上に仕組みさえ作れば
毎日ぐーたらしてるだけの生活なので①と同じです。

 

 

で、この記事を読んでいるということは、
あなたも①か③のタイプだと思うんですよね。

 

現状に違和感を抱いて、
自分でビジネスをしたいと思っている。

 

だからすでに資質はあります。
あとは正しくビジネスの方法を学んだら
仕組みはあっという間に作れます。

 

サラリーマン生活は本当に地獄でした。
毎日、生きている実感がありませんでした。

 

生活にメリハリがなく、
ずっと仮死状態みたいでした。
心が全く喜ばない感じ。

 

人生に強度がなく、伸びきっている気分でした。
終わりなき日常を生きる。
ゆるやかな自殺ですらあると思ってました。

 

でも自分でビジネスを始めて
すべて変わりましたね。

 

ネット上に稼げる仕組みを作ったので
何もしなくても月に100万以上入ってきます。

 

そうなれば抑圧や閉塞感とは無縁です。

 

嫌いな人と関わらなくていい。
一人でも生きていけるし、
好きな人とだけつるめます。

 

お伺いも忖度も愛想笑いもいらない
人生になりました。

 

がっつり稼ぎたいときは、
1ヶ月とか集中して
ビジネスに没頭します。

で、遊びたくなったら海外に行きます。

 

生活にメリハリが生まれ
人生に強度が増しました。

 

だからあなたも、もし社会に馴染めなくて
強いストレスを感じているなら
発想を変えてみてください。

社会不適合バンザイなんです。

 

僕は社会不適合で良かったと
心の底から思います。

 

社会不適合だから自分でビジネスをやると
いう発想になれるんですよ。

 

ちなみに、僕の周りの月収100万以上の
人たちも、みんな社会的に
欠落してる人多いですよw

 

まあそんなもんです。

 

だからこそ稼げてるんだろうなーと
思うし、実際、大金持ちとか歴史上の
偉人たちもみんな変ですよね。

 

だから大衆社会に違和感を抱くことは
稼げるポテンシャルがあると
解釈してくださいね。

 

まず副業から始めよう

 

・社会に馴染めない
・会社がすごくストレス
・このままの生活が一生続くなんて
おもしろくなさすぎる

 

という人はまず副業から始めてみましょう。

 

副業が軌道に乗れば
その事業で生きていけます。

 

で、副業をやるときの注意点は
店舗や在庫がいらない事業を選ぶ
ということです。

 

ラーメン屋とかやってしまうと
大変ですよね。

 

店舗代、食材費、光熱費などで
一瞬で赤字になることが目に見えています。

 

店舗や在庫がいらないビジネスって
言い換えればインターネットを使うビジネスです。

 

これだとパソコンだけで仕事ができるので
リスクを限りなく0に近づけられます。

 

で、インターネットのビジネスって言っても、
実は難しくなく、もう型というか
やりかたが確立されていて
洗練されているので

自分で一から考えるんじゃなくて、
ビジネスモデルを勉強すればいいだけです。

 

最初にしっかり勉強すれば、
あとはその通りやれば当然稼げます。

 

僕も最初に勉強したので
ビジネス1年目から
うまくいけました。

 

だから、まずは学習してみてください。

 

ということで今回は以上です。
感想お待ちしてますね。

 

それでは!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして450万円を稼いでいます。
しかし、
月収450万を稼いでいますと言っても
信じられないと思います。

何か専門的なスキルを持ってるんじゃないか?
才能やセンスが最初からあったんでしょ
何か特別や怪しいことしてるんじゃ?

そう感じると思います。

でも僕はもともと普通のサラリーマンでしたし、
何も専門的な能力などありませんでした。

そんな僕でもネットビジネスを勉強し実践し、
ここまで稼げるようになりました。

要は知ってるか知らないか。
ただそれだけなんですよね。

正しく勉強して実践すれば
誰でも稼げるし、稼げたら自由になれるし
自信もつきます。

こういった経緯から
「ビジネス初心者が0から行動して資産をつくっていく方法」
をテーマにメルマガで公開しています。

興味があればサクッとメルマガに登録して読みすすめてみてください。

→りょうのプレミアムメルマガを読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「この記事は良い」と思ったら

下のSNSボタンでシェアしていただければと思います。