こんにちは。りょうです。

 

今日はこれからの時代の稼ぎ方について

語っていきたいなと思います。

 

というのも、先日この記事を見たからなんですね。

 

箕輪厚介×國光宏尚 10年後は暇だらけな「一億総老後社会」になる

 

とても興味深い記事でした。

國光:そうです。で、この先10年間に起こることは、AIの発展によって人間が「物を作る」という仕事をやらなくてすむ社会になるということなんです。じゃあ、我々はどうなるかというと、「めっちゃ暇」になる。近い将来、週休4日になって、1日の労働時間も3〜4時間くらいになると思うんです。

箕輪:やることがなくなって「一億総老後時代」に突入しますよね。鬱になる人が多そう。

國光:だから、その暇になった時間を「どうハッピーに過ごすか?」が、この10年間で最も重要な課題になってくるはずです。

 

この対談記事では、今後どんどん

AIが普及することで労働者の労働時間が

強制的に短くなる→多くの人が暇になる

という旨が書かれています。

 

「いやー!ほんまにその通りになりそうやな」

と僕は感じました。

サラリーマンの労働時間が1日3時間になるって単純にめっちゃ凄いことですよね。

てかみなさんは労働時間が1日3時間とかになると何をしますか?

遊びまくりますか?

 

僕は3年前からネットビジネスで稼げるようになって、

平日全く仕事をしなくてもよくなったんですが、

(土日にお客さんと会うだけで月収100万以上だった)

そもそも趣味とかがそんなになく、

めちゃくちゃ暇で死にそうになりました笑

 

労働時間が短くなると、遊びまくる人と、

仕事を自分でする人に分かれると思うんですが、

僕は完全に後者でしたね。

 

これは完全に人によると思うし、

どっちがいい悪いとかはないと思います。

 

で、話を戻しますが

 

ここ数年でAIの普及が一気に進んだと思います。

 

コンビニでも無人レジが導入されるようになりましたし

(昨日恵比寿駅のコンビニで使ってみましたが普通に便利!)

 

あらゆる業種でAIの活躍によりリストラも始まってるようですし。

 

僕も以前銀行で働いてたんですけど、

私が働いていたときは、従業員がわざわざ

印鑑照合したり、書類に不備がないか

目視で確認してたんですよね。

(「めっちゃ無駄やん」と思いながら笑)

 

銀行を辞めて数年経ってから元同期の人と話すと、

 

「あー、あの制度なくなったよ!今は機械がやってる」

と同期は言っていて、

「まあそりゃそうだよなー」

と感じました。

 

そしてAIの普及は、

どう考えてもまだ序章に過ぎず、

これから数十年でどんどん台頭していくことは容易に想像できます。

 

AIが進歩し、人間がやらなくてもできる仕事が増えるということは、

強制的に職が少なくなるし、労働時間も縮小されます。

 

加えて、大企業を起点として最近は『働き方改革』が叫ばれております。

 

僕が働いていた銀行も、

以前は夜中11時まで仕事をしていたんですが、

(11時って普通に考えて頭おかしいですよね笑)

今では7時には強制帰宅になっているそうです。

 

AIの台頭と働き方改革の促進の相乗効果で、

間違いなく今後は労働時間が短くなり人々は暇になるだろうなと思います。

 

という大きな流れを受けて、

自分の力で稼いでいきたい我々はどうしたらいいのか

自分でネット起業して稼いでいきたい我々はどうしたらいいのか

ということなんですが、

 

そのためには、

 

多くの人が暇になったらどういう行動をするのだろうか

 

ということを考えるべきだと私は思いました。

 

今まで夜遅くまで働いていたサラリーマンが、

夕方くらいに帰宅するようになった未来…

 

もちろん、そういった多くの人の

給料自体は上がらないと思うんですよね。

 

だってそもそもAIに仕事とられて

労働時間短くなっただけだから。

 

つまり、余った時間で豪遊したりはしない。

 

じゃあ多くの人は何をするのか?

 

おそらく、

コンテンツを消費するのだと思うんですよね。

 

コンテンツってのは

テレビとか漫画とかゲームとか

スポーツとか小説とか色んな娯楽のことを私は指してます。

 

AIの台頭で、

 

「別に仕事しなくていいよ」

 

と言われ、余暇の時間が拡大するのだから、

当然上記に挙げたようなコンテンツに人々は向かうと思います。

 

だって暇になりますからね。

 

暇になると暇つぶししたくなりますよね。

 

で、ここで重要なのは、コンテンツとは

生産する人と消費する人

で成り立っているということです。

 

どんなコンテンツも、

例えば漫画というコンテンツは

漫画家(生産者)と読者(消費者)で成り立っていますよね。

 

どんなコンテンツもこの両サイドの存在が必要不可欠。

 

で、我々はどうしたらいいのか

 

これからの時代の中で自分の力で稼いでいく我々はどうしたらいいのか

 

もちろんその答えは

生産者になる

ということですよね。

暇になるからといって、我々が他人のブログや

youtubeやメルマガを見ていても稼げるようにはなりません。

 

コンテンツで稼げるのは当然そのコンテンツを生産している側の人間。

だから我々はそっち側になんとしてもいく必要がある。

 

あなたはどんなコンテンツを作りたいですか?

 

例えば僕はこのブログをどんどん伸ばしていって、

将来多くの人が

 

「どうやって情報発信ビジネスをすればいいんだろう」

 

と悩んだ時の解決するための優良なコンテンツを作っていきたいと思っていますし、

自分が立てた目標をどうやって達成していくのか、

マインド面から言及するコンテンツとかも作って、

エンターテイメントというよりかは、

お役立ち情報として私のコンテンツを

多くの人に消費していってほしいと考えています。

 

 

時代によって、豊かになる方法、

稼げる分野って大きく変化していってるなと私は思います。

 

高度経済成長のときや昭和時代は、

社会のインフラや生活必需品が満たされていないので、

当然そういった産業に従事してお金を稼ぐのが当然でした。

 

しかしここ数十年は、快適な生活環境は整い、

余暇が拡大してきたから、スマホゲームのような

暇つぶし産業が儲かるようになった。

 

さらに直近では個人がメディア(youtubeやブログ)を持つことが一般的になり

一般人がコンテンツを作れるようになった。

 

そして今後はAIの普及やネット環境のさらなる発展、

働き方の是正などが相まって余暇が拡大していく。

 

その時代に生きる我々は、

コンテンツを与える側になり、

生産する側になることで

稼ぎを増やしていくことを

実現するべきだと思う今日この頃なわけです。

 

今はまだ、コンテンツ力がなかったとしても、

自分でメディアを持って、発信し続けることが大事だと思いました。

 

 

今回は以上です。

ご質問やご感想は下記のコメント欄からお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして450万円を稼いでいます。
しかし、
月収450万を稼いでいますと言っても
信じられないと思います。

何か専門的なスキルを持ってるんじゃないか?
才能やセンスが最初からあったんでしょ
何か特別や怪しいことしてるんじゃ?

そう感じると思います。

でも僕はもともと普通のサラリーマンでしたし、
何も専門的な能力などありませんでした。

そんな僕でもネットビジネスを勉強し実践し、
ここまで稼げるようになりました。

要は知ってるか知らないか。
ただそれだけなんですよね。

正しく勉強して実践すれば
誰でも稼げるし、稼げたら自由になれるし
自信もつきます。

こういった経緯から
「ビジネス初心者が0から行動して資産をつくっていく方法」
をテーマにメルマガで公開しています。

興味があればサクッとメルマガに登録して読みすすめてみてください。

→りょうのプレミアムメルマガを読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「この記事は良い」と思ったら

下のSNSボタンでシェアしていただければと思います。