こんにちは、りょうです。

 

ついに5月になり、令和時代になりましたね。

 

渋谷のスクランブル交差点などでは
大盛り上がりだったみたいです。

 

 

昨日の夜中12時、令和のカウントダウンの
瞬間は、僕はカフェで作業をしていました。
周りも、作業してる人がちらほら。

 

結論から言うと、今後はこのように、
個人でビジネスをする人が一人勝ちします。

 

一方、昭和や平成のときみたいな働き方を
している人はジリ貧になってしまいます。

 

 

今回は元号も変わって、良い機会なので
そのあたりのことを話そうと思います。

 

これからの時代はどういう世の中になるのか、
どういう働き方をすれば豊かに生きていけるのか
考察したことをシェアしますね。

 

格差社会が加速してしまう

 

これからは月収100万、200万と、
高収入な人がどんどん増えるでしょう。

 

それは、インターネットの発達により
個人で稼げる土壌が生まれたからです。

 

その一方、旧来の働き方をしている人は
どんどんジリ貧になっていきます。

 

どういうことかというと、

 

今までの、昭和時代や平成前半は
終身雇用が前提の働き方が主流でした。

 

大きな会社に属して、給料も基本的に
横一列で会社に自分の面倒を見てもらう
働き方でした。

 

22歳で就職し、満員電車で都心の会社に
出勤し、夜中まで残業をして働く。
休みは土日に固定。みたいな働き方です。

 

でも平成の後半から最近にかけて、
明らかにこの社会システムは変化していって
います。

 

終身雇用の崩壊
副業の解禁
ネット技術の発展
リモートワーク
AIの台頭
働き方改革

 

などの要素で、従来の
働き方が崩壊しました。

 

まず、企業は終身雇用なんてもう
保証できないようになりました。

 

先日のニュースでの発言も衝撃ですよね。

 

その代わり、会社で労働者の面倒を
一生は見れないから副業も
解禁されるようになりました。

 

また、インターネット技術の発展で、
会社に出社しなくても、カフェや
自宅で仕事をしたり、スカイプ会議
できるように変化しました。

出勤もどんどん不要になり、
オフィス自体も減っていきました。

 

また、AIが雑務を処理できるようになり、
さらに働き方改革で残業禁止になり、
どんどん労働時間が減っていきました。

 

僕は銀行で2年半働いていたんですが、その間に
AIの発展で事務員が大量にリストラされたり
それまで夜中11時や12時まで残業したのに、
しだいに働き方改革で夜7時に帰らされる
ようになりました。

 

つまり、これからの時代どうなるのかというと

時代や世の中が何を言いたいかっていうと

 

「もう今までのような働き方をする
大多数の人間は働かなくていいよ」

 

ということです。

 

今までの昭和的な働き方しかできない人間は、
もう大きな需要がないんです。

 

AIが仕事をしてくれるから
人間は必要ないんです。

 

そして、働き方改革も相まって、
長時間働きたくても働けない
ようになったんです。

 

これって一見「ラッキー」って思う人が
いるかもしれないですけど、
そんなことはないです。

 

AIや科学技術が発展して、
人間がやることがなくなり、
しかも残業も禁止ってことは、

 

「もう普通の人間は仕事してくれるな」

 

ってことだから、もちろん早く帰れて
ラッキーかもしれませんが
給料が凄く安いまま固定される
っていうことです。

 

つまり、どんどん旧来の労働から
人間は解放されるし、それは
社会が発展してるからこそだけど

 

価値提供自体ができなくなるから
当然給料は少なくなるんです。

 

で、暇だけが増えるんですよ。

 

これって幸せなことなんですかね?

 

「死なない程度に金あげるから、
もうそれで大人しくしとけ」

 

って企業に言われてるってことです。

 

ちなみに、国も同じ方向性です。
国はベーシックインカムをおそらく
導入します。

 

ベーシックインカムとは、
国民全員に毎月数万円お金をあげるから
仕事しなくていいよ

っていう制度です。

 

どっちにしろ、
暇はあるけど、贅沢はできないっていう
状況が一生続くわけです。

 

で、残業もせず夕方くらいに家に帰って
お金もないサラリーマンが
暇を持て余した結果どうなるかというと、

 

コンテンツを消費するんですよね。

 

暇だから、
youtubeを見たり
ブログを読んだり
ツイッターを見たり
インスタやtiktokを見たり

 

で、重要なのは、このコンテンツを
消費するってことは、一方で
コンテンツを作っている人間もいるわけです。

 

当然、コンテンツを作っている側の
人間はどんどんお金が入ってきます。

 

ちなみに、僕もコンテンツを作って
ビジネスをしています。

 

ネット上にコンテンツを置いておき、
そのコンテンツを買ってくれる人がいるから
お金をもらえているんです。

 

もう3年くらい前に書いたブログから未だに
お金が発生しています。

 

このブログもコンテンツです。

 

あ、そうそう

基本的に世の中ってのは
コンテンツを通して成り立っています。

 

だから、コンテンツを消費する側じゃなくて
作る側になる意識を持ったほうがいいです。

 

本を作る人とその本を買う人

飲食店で働く人とその飲食店でご飯を食べる客

音楽を作る人と音楽を聞く人

 

全部コンテンツです。

 

生産者と消費者がいるわけです。
当然、生産者にだけお金は入ります。

 

だから、コンテンツを消費する側じゃなくて
生産する側に回らないとお金は入りません。

 

自分でビジネスをしている人
つまりコンテンツを作る人が
非常に豊かになる。

 

そのコンテンツを消費する一般人は
貧しいまま。

 

昭和時代は横一直線だった国民が
(一億総中流という言葉もありましたね)
令和では富裕層とジリ貧に二極化するんです。

 

この格差がどんどん広がります。

(↑非常に共感する与沢氏のTweet)

 

昭和から令和への準備期間が平成

 

最近思うんですけど、
働き方や生き方、社会のシステムは
昭和と令和でくっきり分かれます。

 

で、その移行期というか、準備期間が
平成だったなと思うわけです。

 

終身雇用の崩壊し
AIの普及し始め
youtuberやインフルエンサーが生まれ
フリーランスの増加し
ベーシックインカムの導入が検討される

 

全部フラグです。伏線です。
未来なんて読めます。

 

どう考えても、令和時代は個人の力が強くなり
旧来の働き方をしている人はジリ貧になります。

 

一方で、ネットを使い個人でビジネスをする人が
青天井で収入が増え豊かに生きるようになります。

 

画一的な生き方、働き方が減り、
ライフスタイルが多様化します。

 

本業と、副業をしている人

本業と、副業とさらにもう一つ副業をしている人

会社に行かず家やカフェで仕事をする人

子育てしながらブログ運営で月100万稼ぐ主婦

中学生なのに月収200万

などなど入りみだれるでしょう。

 

さらに、
ジェンダーレス
外国人の流入
移民の受け入れ

なども相まって、

もう「こう生きなさい」というロールモデルが
昭和のときのように存在しなくなります。

 

でも多くの人はどうやって自分で
ビジネスをすればいいのかわからない。

 

だから、夕方まで会社で低賃金で仕事をして
そのあと家や居酒屋でダラダラ消化する
だけの人生になります。

 

僕も銀行員だったとき、仕事が終わってから
若手社員たちで毎晩だらだら居酒屋で過ごしてました。

 

なんにも生まれなかったな・・・

 

居酒屋というコンテンツに
自分の時間とお金だけを
奪われてました。

 

しかしそんな大多数の人(昔の僕も含まれる)
の裏で、自分でビジネスをして
コンテンツを作っている人が
豊かになってます。

 

起業した後の僕はこっち側にこれました。

 

僕が書いたブログ記事やツイートを
多くの人が消化してくれるようになったんです。

 

自分でビジネスをしている人が報われてます。

今後はその格差が拡大していくんですよね。

 

 

自分でビジネスを持つか持たないか

 

この指標だけで、ガラッと
令話時代の人生は二極化します。

 

というか平成後期からもうそれは顕著だし、
実際僕の周りはみんな自分でビジネスを
持って豊かに暮らしてる人ばかりですが、
そういう人が増えるってことです。

 

そういう意味で、平成は準備期間
だったというわけですね。

 

ワクワクする令和時代突入

 

さてさて、これからの時代の流れを考えてみて、
あなたはどう思いましたか?

 

ワクワクしますか?

それとも、

「社会から冷遇を受けそうや…不快」

と感じますか?

 

僕はワクワクします。

 

今までの時代より圧倒的に
自由になるわけですからね。

 

昭和時代の画一的な社会だと
画一的な幸せを目指して
走らされていたわけです。

 

大きな会社に入って、みんな横一直線で
頑張れ!ずっと定年まで長時間労働や!

 

という価値観だったのに、

 

これからは

 

労働時間はできるだけ短くなります。
会社に依存しないでください
どんな生き方もありです
自分なりの幸せを追求してください

 

となるわけです。

 

そりゃもう、個人でビジネスを
持っている人たちは無双ですよ。

 

20代前半から、昔みたいな下積み生活をせず
いきなり豊かな生活になり

 

自由に海外を飛び回ったり
いろんな優秀な人に会ったり
高級な料理や一流のサービスに刺激を受けたり

 

ずっと豊かに暮らせるわけです。

 

でも、特にやりたいこともなく、
自分の力で生きる方法を知らない大多数の人は、
消化試合のような人生を送ることになります。

 

時間はあるけど金はない。だから
ネットフリックスやyoutubeなど、
誰かが作ったコンテンツを格安もしくは
無料で享受して時間をつぶすだけの人生
を送るようになります。

 

二極化です。

 

イメージとしては大学時代みたいな感じですね。

大学時代を思い返してみてください。

もしこの記事を読んでいるあなたが
大学に行っていなかったら
持ち前の想像力で補ってくださいw

 

高校までは規則で縛られ、みんな横一直線で
同じ教育を受け、同じような生活を
送っていたと思います。

学校から指示されることをやる生活です。

 

でも大学に行くと変わりましたよね。

 

理系はちょっと厳しいかと思いますが、
大多数の人は文系です。

 

文系の大学はめっちゃ緩いです。
授業にも出なくてよかった。

 

何をしても良い4年間だったと思います。

 

起業したい人は学生起業してたし

体育会で部活に燃えてる人もいたし

バックパッカーで海外行きまくってる人もいたし

読書三昧だった人もいます。

 

やりたいことをできる限りしてましたよね。

 

でも、特にやりたいことがなかった人たちは、
下宿先のマンションに引きこもりだらだら漫画を
読んだり、のんびり暮らしてたと思います。

 

あの生活に戻るイメージです。
令和時代は。

 

ただ、大学時代と一つ違うところは、
お金です。

 

大学時代は、親が金持ちなど一部の例外を除き、
みんな総じてお金がありませんでした。

 

遊びまくる学生も、家でひきこもる学生も
みんなバイトで生活費は稼いでました。

 

これからの時代もそうです。
会社で生きていく最低限のお金はもらったり
もしくはベーシックインカムが導入されたりして
学生時代みたいになります。

 

しかし、

個人でビジネスをしている人たちは別です。
青天井で収入が伸びます。

 

また、その多くは仕組みで回るものに
することができるから不労で
チャリンチャリンとお金が入ってきます。

 

お金もめっちゃあるリア充大学生活

 

みたいなイメージですね。

 

令和時代はこういう人が多く生まれるはずです。
(もう実はけっこういますが)

 

そしてその流れはずっと加速します。

 

個人でビジネスを始めよう

 

まとめます。

 

今までの昭和時代、平成時代当たり前だった
働き方をしている限り、どんどん未来は
先細ってきます。

 

もう、働かせてくれなくなるんです。
どんどん労働時間が短くなり、
暇な時間が増えます。

 

時間は増えるからといっても
給料は上がりません。

 

「おとなしく生きといてー」と
国や企業から言われるわけです。

 

一方、これからの令話時代に活躍する人たちも
存在するようになります。

 

それが、個人でビジネスをする人たちです。

自分たちがコンテンツを作り、自動でずっと
収益を発生されて豊かになるんです。

 

大きく二極化する時代になります。

 

例えば、このゴールデンウイークも、
今まで通りの働き方をしている社会人は
「10連休やー。ゆっくり休もう」
と家でyoutubeを見てだらだら過ごしていますが

 

令和的な価値観を持っている人、
たとえば小学生がゲーセンでゲーム実況を
して数十万円稼いでいるのです。

 

かたやコンテンツを消費する昭和平成サイド

かたやそのコンテンツを生み出しお金を稼いでる令和サイド

 

どんどん格差は広がるばかりです。

 

これからの時代で成功したければ
お金を稼ぎたければ、
個人でビジネスを始めるしかありません。

 

インプットをしよう

 

自分でビジネスを始めないといけないことはわかった。
でも何からすればいいのか分からない

 

という場合は、まずは勉強から
スタートしたらいいです。

 

ぶっちゃけ、最近注目されていて、今後確実に
伸びていくビジネスはネットビジネスです。

 

会社員の方が副業で取り組んで
月100万稼いでいるのも

Twitter上でなにやら
稼げているアピールしている人も

完全に仕組みを作ってしまい
隠居生活している人も

全員インターネットビジネスを
しているのです。

 

だからネットビジネスの勉強をすればいいです。

 

僕のブログ記事やTwitterを
読み込んでもらってもいいですし、
質問があればこの記事にコメントしていただいたり
メールを送っていただければお答えします。

 

 

時代は大きく変わります。
行動力を持って、うまく令和時代を
楽しみ尽くせるよう頑張っていきましょう。

 

それでは!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして450万円を稼いでいます。
しかし、
月収450万を稼いでいますと言っても
信じられないと思います。

何か専門的なスキルを持ってるんじゃないか?
才能やセンスが最初からあったんでしょ
何か特別や怪しいことしてるんじゃ?

そう感じると思います。

でも僕はもともと普通のサラリーマンでしたし、
何も専門的な能力などありませんでした。

そんな僕でもネットビジネスを勉強し実践し、
ここまで稼げるようになりました。

要は知ってるか知らないか。
ただそれだけなんですよね。

正しく勉強して実践すれば
誰でも稼げるし、稼げたら自由になれるし
自信もつきます。

こういった経緯から
「ビジネス初心者が0から行動して資産をつくっていく方法」
をテーマにメルマガで公開しています。

興味があればサクッとメルマガに登録して読みすすめてみてください。

→りょうのプレミアムメルマガを読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「この記事は良い」と思ったら

下のSNSボタンでシェアしていただければと思います。