こんにちは、りょうです。

 

僕はネットビジネスで生計を立てています。

 

月に400万くらい稼げることが多いです。

 

大富豪というわけではないけど、
一般的な社会人から見ては
お金がある方だと思います。

 

平均的な会社員の方の年収を
1ヶ月で稼いでいるわけですから。

 

当然、僕の周りには僕と似たような収入の人や
僕以上に稼いでいる人、

 

月に600万
700万

 

1000万以上稼いでいる人も何人もいます。

 

そういったお金持ちに囲まれて
生活しているわけですが、

 

もともとこういう暮らしを
していたわけでありません。

 

もともとは普通に会社員をしていました。

 

銀行員でした。

 

年収400万とか500万でしたね。

 

そんなにお金はなかったです。

 

その当時は当然、周りの人も
年収400万や500万です。

 

類は友を呼ぶという感じですね。
まさしく。

 

 

なので、一般的な収入
あるいは貧乏とも言える収入だった当時と

 

比較的お金に余裕がある現在

 

どちらも経験しているということです。

 

 

そして、けっこうお金に困って
生活している人たちとも

 

逆に現在のように
お金に困ってない金持ちたちとも

 

どちらの人間にも囲まれていたということです。

 

 

この経験から、僕は明確に

 

一般人と金持ちの考え方の違いを
認識できるようになりました。

 

 

全然考えていることが違うんです。

 

脳みその使い方が違います。

 

具体的に言うと、2つポイントがあるんです。

 

その2つを意識すると
収入の桁が1つ上がります。

 

実際に年収400万から月収400万に
上がっていますからね。

 

 

なのでその2つのポイントを今日は
シェアしたいと思います。

 

種まきしてますか?

 

年収数百万の一般人と
年収数千万の人たち

何がその違いを生むかというと、
その一つに種まきがあります。

 

種まきとは、

 

将来自分の収入を生んでくれるコンテンツを作る作業をすることです。

 

お金持ちの人がしている仕事って、
種をまいている作業のことなんですよ。

 

例えば僕がしている種まきって、
こういうブログ記事を書くことです。

 

ブログ記事は1回書くだけで、
その後は放置していても
ずっとネット上に残ります。

 

そして、ず〜っと読者さんを
つれてきてくれるわけです。

 

僕が寝ているときも、
遊んでいるときも
飲みに行っているときも

 

たくさんの人が僕が書いた記事を
読んでくれているんです。

 

つまり、種まきの仕事をすれば、
将来はどんどん暇になっていくわけです。

 

不労所得に近付くのは
そういうカラクリなんです。

 

他にも、動画の教材を
僕は作っています。

 

その教材を作ることも種まきになります。

 

 

なぜなら、1度その動画教材を作ると、

 

僕が寝てても
遊んでても
極端なことを言うと、
僕が死んでも

 

勝手に教材が売れて勝手に再生されて
お客さんに価値提供できるからです。

 

 

将来の労働を減らしてくれる労働が
種まきの本質です。

 

 

逆に僕が会社員だった頃、
あの頃は今の何倍も働いていました。

 

でもその労働は種まきじゃなかったんです。

 

会社での労働は、種まきじゃないんですよ。

 

だって仮に営業の仕事をしていたとして

 

今月たくさん営業を頑張ったからと言って、
来月営業をしなくてもいい、
という風にはならないんですよね。

 

努力が積み上がらないんです。

 

今月頑張っても来月はまた0からスタート

 

それが会社員の労働スタイルです。

 

どんなに頑張っても
積み上がらないようになってる。

 

恐ろしいですね。

 

これは別に会社員じゃなくても、
起業している人にも、種まきじゃない
労働をしてしまっている人がたくさんいます。

 

 

例えば飲食店。

 

毎回毎回お客さんに料理を作らないといけないから
労働地獄から抜け出せない。

 

種まきになってないんですよ。

 

 

種まきになる仕事を選ぶのはとても
大切ですね。

 

 

全ての物事は因果応報です。

 

因果があって結果が出る、

 

原因があって結果があります。

 

・豊かになる
・不労所得を手に入れる

 

という結果が欲しければ、

 

その原因を作らないといけないんです。

 

その結果を作る種をまかないといけない。

 

成功したければ成功する種をまく必要があります。

 

金持ちになりたいのに、
金持ちになる種をまいていない人が
世の中には多いですね。

 

そりゃ金かせげないぜって感じです。

 

また、自分では種だと思っている作業が
種じゃない場合があります。

 

積み上がらない労働
自動や不労にならない労働ですね。

 

 

これらは種にならないので
やらないほうがいいです。

 

あと、話を少し変えますが、

 

失敗するには失敗する種を
まいているから失敗するんです。

 

例えば、タバコを吸うから
肺がんになるんです。

 

炭水化物ばかり食べるから太る

 

というように。

 

悪いことも、全て因果です。

 

良くない種をまいているから
良くない結果につながってしまう。

 

 

だから僕たちは経済的に成功して
幸せになっていきたいのだから、

 

稼げる種をまいていくのは
当然のこととして

 

それと並行して、
自分の将来の首を閉める
悪い種を減らしていくことも
意識しなければいけないですね。

 

タバコを吸ってるなら辞める
食生活がだらしないなら整える
運動不足ならジムに通う
テレビを毎日見て時間を
無駄にしてしまうならテレビを捨てる

 

というように、悪い種は根絶しましょう。

 

 

そして種をまきましょう。

 

例えば僕は今日ブログを書きました。
それは将来ずっと不労で読まれるので
種まきに該当します。

 

また、youtubeも今日1本投稿しました。

 

それも将来に渡って自動で再生されるので
種まきですよね。

 

あたなは今日はどんな種まきを
しましたか?

 

会社での労働は種まきに
なってないですよね?

 

じゃあ別の労働をすべきです。

 

資産になって残る作業を考えましょう。

 

 

あ、そうそう

 

僕は数年前、戦略を間違えたことがありました。

 

当時、別のジャンルのネットビジネスをしていて、
毎月数百万稼いでた時期があったんですけど、

 

僕が売る商品が「コンサルティング」
だけだったんです。

 

コンサルティングはたしかに高額なので
すぐに収入は伸びます。

 

しかし、不労所得ではないですよね、
実際にコンサルすることが商品だから。

 

積み上げもないです。

 

がっつりお客さんにコミットし、
時間もがっつりかかるから
他のことができなくなるし
その期間が終わったらまた収入は0になるから

 

実質的に高所得のサラリーマンと同じような
状況に陥ったことがあります。

 

種まきにならない高時給のバイト
みたいなイメージです。

 

 

まあ僕はコンサルが好きなので
それでもよかったんですが、

 

時間が空かないと収入に限界が
きてしまうことから戦略を変え、
種まき型にシフトした、というわけです。

 

 

この種まきというのがポイントの1つ目です。

 

 

次に2つ目について話します。

 

時間軸をずらす

 

お金持ちと貧乏人を分けるポイントの一つに、
時間軸というものがあります。

 

どういうことかというと

 

一般的なサラリーマンや
あまりお金を稼いでいない人って、

 

時間軸は今なんですよね。

 

今月のことを考えているということです。

 

具体的に言うと、

 

「今月の給料日まだかな」

「今月の支払い無事にできるかな」

「今月いくら貯金できるかな」

 

というように、今月生きるために
今月労働してるということです。

 

今月のための今月になってるんです。

 

僕も銀行員の時は
時間軸が現在になってしまってました。

 

「今月のカードの支払い足りるかなあ」
「今月寿司食べにいくために仕事がんばろう!
給料入ったら行こう」

 

という具合でした。

 

 

なぜこれがよくないかというと、
常に目先生き延びるために
今日を過ごしているから

 

いつまでたっても、
余裕が生まれないんです。

 

いつまでたっても、
将来の自分を豊かにする
労働をする発想にならないんです。

 

今月生き延びる労働から
さっさと抜けないとだめなんです。

 

 

逆にお金持ちの人たち

僕の周りの人たちもそうですけど、

 

全員共通していますが、

 

今月の支払いのことなんて誰も考えてないんです

 

今月の生活費のために今月働いていない、
ということです。

 

時間軸が遠い未来なんです。

 

未来に向けて、今月種まき労働を
しているわけです。

 

将来の自分をより豊かにするための
作業をしているということです。

 

だから富める者はより富むわけです。

 

今月生きるために労働をするのではなく
未来を豊かにするための労働に
切り替えたほうがいいです。

 

稼げない人の時間軸は今
金持ちの人の時間軸は未来

 

ってなわけです。

 

 

でもそんなこと言ったって
今月の生活費でいっぱいいっぱいだから
未来への種まきなんて無理だよ

 

と思う人もいると思います。

 

でもそんなことはないです。

 

どうすればいいのかというと、

 

まず、生活費を下げる、ということです。

 

今月生きるためのお金を
減らすということですね。

 

ぶっちゃけ仕事を辞めて
実家に帰ったらいいと思うんですよ。

 

目の前の生活のために仕事をしているのであれば
それは無駄なので、一瞬ニート状態作ったほうが
どう考えても良いでしょ。

 

ニート状態でブログとかの
資産作ったらいいのに、と思います。

 

それくらい、目先生きていくお金を稼ぐ労働は
意味がないと言ってるんです。

 

実家に帰ったら家賃も払わなくていいし
ご飯も出てくる。

 

そのほうがいいですよ。

 

どうしても無理という場合、

 

友達とルームシェアして
家賃を半額にするとかで
いいんじゃないですかね。

 

一時的にそうやって生活基盤を変更するのは
極めて重要な戦略です。

 

それも無理なら、なるべく残業や飲み会や趣味の時間を削って、とにかく仕事以外の時間を確保するようにしましょう。

 

そしてきちっとネットビジネスを勉強して
その上で、ブログやツイッターを書いて
種まきをしましょう。

 

会社員を最低限して目先生き延びるお金を稼ぎ、
空いた時間で将来への種まきをする

 

といった具合です。

 

大切なことは、今日から種まきを
するということです。

 

目先生き延びる労働をどれだけやっても、
たとえその労働の単価が高くても
(高所得サラリーマンの場合)

 

将来を豊かにしてくれる労働にはならないので
同時並行で種まき労働もしましょうね。

 

ちなみに、将来への種まきというと
何かの資格を取る、とか読書する、と
考える人もいますが、それは絶対にダメですよ。

 

資格をとっても、その資格を活かせる仕事は
種まきにならない労働だから意味ないわけです。

 

弁護士の資格勉強をして弁護士になれても
弁護士の仕事は不労でもレバレッジでも何も
効かないわけです、極端に言うと。

 

 

あくまでネットビジネスをすること、
情報発信ビジネスをすることですよ。

 

転売とかせどりも種まきにならないから
やってはいけないということです。

 

 

今回はそんな感じです。

 

 

自分を将来を豊かにしてくれる種まきをすること
時間軸を未来に移すこと

 

この2つをぜひ意識してみてくださいね。

 

それでは!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして450万円を稼いでいます。
しかし、
月収450万を稼いでいますと言っても
信じられないと思います。

何か専門的なスキルを持ってるんじゃないか?
才能やセンスが最初からあったんでしょ
何か特別や怪しいことしてるんじゃ?

そう感じると思います。

でも僕はもともと普通のサラリーマンでしたし、
何も専門的な能力などありませんでした。

そんな僕でもネットビジネスを勉強し実践し、
ここまで稼げるようになりました。

要は知ってるか知らないか。
ただそれだけなんですよね。

正しく勉強して実践すれば
誰でも稼げるし、稼げたら自由になれるし
自信もつきます。

こういった経緯から
「ビジネス初心者が0から行動して資産をつくっていく方法」
をテーマにメルマガで公開しています。

興味があればサクッとメルマガに登録して読みすすめてみてください。

→りょうのプレミアムメルマガを読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「この記事は良い」と思ったら

下のSNSボタンでシェアしていただければと思います。