こんにちは、りょうです。

 

この春でもう大学を卒業して、
もう6年になります。

 

振り返ってみると、
もう6年も経つのか…
早過ぎるぜって感じなんですが

 

たまに大学時代を振り返ると、
当時周りの大人たちに
こう言われてたのを思い出します。

 

「大学時代が人生で一番楽しいんだよ。」

「だからいっぱい遊んだほうがいいよ」

「大学生活は人生の夏休み」

「社会人になったらもうこんな自由な時間は
ないよ」

というセリフです。

 

あなたも大卒だったら、一度や二度、
周りの大人たちに言われたことが
あるんじゃないですか?

 

僕の場合は、両親、バイト先の社員、フリーター、就職活動のときに関わった社会人の人たちに言われた記憶があります。

 

で、当時は純粋だったのでw
「そうなのか…社会人になったらもう面白い生活は送れないんだ」
と絶望してた記憶があります。

 

で、ですね

結論からいうと、この考えは間違いです。
大間違い。

 

おそらくきっと全国でいつの時代も、
社会人が大学生にこういうセリフを言って、
学生を絶望させてしまってることでしょう。

 

だからこの際、僕が訂正しておきます。

 

こんなアホな大人が言う間違いを信じて
輝かしい未来を縮小させてしまう学生が
少なくなるように、今日は僕が
徹底的に抗議したいと思います。

 

現役大学生のあなた

この春、大学に入学したあなた

就職活動に向き合っているあなた

 

必見です!

 

それでは、以下、解説していきます。

 

貧乏に縛られた学生時代と、やりたいことを自由にやれる社会人生活

 

僕の大学生活は、時間はありましたが
とにかくお金に縛られていました。

 

授業料、家賃、食費、スマホ代、教科書代、飲み代、服代、教科書代

 

ありとあらゆるお金がかかってました。

 

しかも僕は体育会の部活動に所属していたので、
あまりバイトの時間もなかったです。

 

勉強したり、読書したり、部活をしたり、友達と遊んだり…

 

いろんなことをしたかったですが、
その全てにお金がかかります。

 

なのでおのずと、バイト代以下でしか
行動をやりくりできませんでした。

 

 

たくさん本も読みたかったけど、
お金がないから仕方なく本屋で
何時間も立ち読みしたりしました。

 

足も痛くなってきて、集中して
本が読めなかったり、
閉店の時間(夜8時とか)には
もう強制的に本が読めなくなったりしたので、

 

「お金があったら満足に本を読みたい」
とずっと思っていましたし、

 

いろいろ知見を増やすために
海外旅行も行きたかったのですが、
部活などもやっていて、
あまりアルバイトの時間がとれなかったので

 

結局海外に行ったのは、
大学4年のときに台湾に1回きり。

 

とにかく行動が制限されていました。

 

いろんな人と飲んだりしたかったけど、
金がないから飲み会に行く回数も
制限があったし

 

未知の料理や高級な料理に
チャレンジしたくても、
当然金がないから
毎日しょうもない料理ばかり。

 

生活や時間においては
大学は自由を謳歌していましたが、
金銭面の事情から、”制限付きの自由”
だったように思います。

 

一方、社会人の現在はどうかというと、
とにかく制限がありません。

 

自動でお金が入る仕組みが完成しているから、
ほとんど働かなくても毎月100万以上収入があります。

 

僕は知らない知識や考えを
知ることが大好きなので、
毎月本を20冊以上読んでいるのですが、
気になった本は一瞬でアマゾンの
購入ボタンを押してます。

 

本の値段は全く見ません。

 

ハードカバーの本は
1000円とか2000円します。

 

学生時代だったら絶対に立ち読みするレベルの
高額商品です笑

 

でも今は値段も見ずに
買えるようになりました。

 

 

また、マーケティングやコピーライティングの専門書だと、一冊5000円とか1万円以上しますが、それも値段すら見ずに秒速で買っています。

 

 

自己投資に関することだったら、
金に糸目をつけずどんどん
吸収していける幸せってのが存在します。

 

凄く心地良いです。

 

いちいち自分の進化を邪魔してくる要素が
発生しない、スムーズな感覚です
(伝わりますかね?笑)

 

海外旅行もバンバン行けるようになりました。

 

最近はもはや毎月なんじゃないかというペースで
海外に行っています。

 

3月はハワイに行ってきました。
4月はタイに行きました。

 

時間にもお金にも制限がないから、
どんどん知らない世界を
知れるようになりました。

 

大学時代は一般的に時間はあるけどお金がない、
という状況だと思います。

 

で、今の僕の社会人生活はその両方あるので、
興味関心のあることに好きなだけ没頭できます。

 

どっちが楽しいのか、
という質問すら愚問のレベルです。

 

ドMにしか耐えられないサラリーマン生活vs全て自分次第のフリーランス生活

 

社会人といっても、一括りにはできないと
思います。

 

社会人って、大きく分けて
サラリーマンとそれ以外
で全く違うライフスタイルになります。

 

僕はそのどちらも経験しているので、
客観的にそれぞれの生活を評価できます。

 

 

僕は、関西の関西学院大学という大学を卒業し、
そのまま大手の銀行に就職しました。

 

大手の銀行なので、全国に支店があるのですが、
僕は名古屋の配属になり、名古屋で3年弱、
社会人生活を送ります。

 

その3年は、控えめに言って、地獄でしたね…

 

とにかく自由がなかったです。
軍隊かと思いました。

 

そもそも、自分が住みたい場所、
生活したい場所で生きるって、
人間の基本的な権利だと思うんですよね。

 

多くの企業でそんなこと認めてないから、
常識はずれみたいなように
思われるかもしれませんが、

 

一回きりの自分の人生、どこで生きるかすら
会社に決められるのはおかしいなー
と僕は思ってました。

 

僕は都会が大好きで、
東京で生活したかったので、
名古屋という地方都市で
暮らすのはとても辛かったです。

 

また生活も、朝6時に起きて、7時にはデスクに座っており、夜11時まで仕事、その後、深夜2時まで飲み会。

タクシーで帰宅し3時間ほど寝て
6時にはもう起床。

みたいな生活でした。
(スパルタすぎない?笑)

 

で、土日も社内行事や、ゴルフ、
資格の勉強などで、ほとんど
自由なんてありませんでした。

 

これがエリート生活の実態か〜〜
これを40年するとかドMかよって感じの
サラリーマン生活でした。

 

大手の日系企業でこれなので、
大半のサラリーマンはこんな生活だと思います。

 

たしかにこれだと、
「大学時代が一番自由だよ」
という言葉も納得しちゃいそうですね笑

 

でもサラリーマンだけが
社会人じゃありません。

 

例えば僕は、ネットビジネスを
仕事にして生活してます。

 

社員も雇ってないので、1人ですね。

フリーランスや個人事業主と
呼ばれる立場です。

 

どういう生活をしているかというと、
サラリーマンのときのように
誰かに生活を指図されることが
一切ありません。

 

どこで生きようが自由です。

 

僕は都会が好きなので
東京の新宿で暮らしています。

 

でも気が向いて福岡で
生活してた期間もあります。

 

実家は兵庫なので、たまに帰省して2週間くらい
実家で生活するときもあります。

 

ノリで思い立って沖縄に旅行に行ったり

箱根で数日泊まって仕事をするときもあります。

 

月に1回のペースで海外にも行っています。

 

なんでこんなに自由なのかというと、
自分でビジネスをしているからです。

 

もっというと、自分で商品を持っているし、
それが自動で回り続けているから、
世界中どこにいても何もしなくても生きていけます。

 

でもそれじゃあ暇だし、
もっと上にいきたいから
今も仕事をしています。

 

その仕事すらパソコンさえあればいいので
どこでもできているというわけです。

 

月に100万以上お金が入ってくるから、
好きな本も買えるし、
知らない世界もすぐに行ける。

 

食べたことのない高級なものも、
一流のサービスも経験できます。

 

何か新しいスキルを習得したくなったら、
その道のプロにコンサルティングを依頼して、
爆速でスキルを手に入れまくっています。

 

具体的に言うと、例えばこの1年で
1000万円以上、コンサルティングや
情報教材に投資して勉強しました。

 

自由だと怠惰な生活をすると
思われるかもしれませんが、
そういう生活は飽きます。

 

人間には向上心が備わっているので、
どんどん学んで進化していこうと
思うようになります。

 

毎日圧倒的に自由かつ
成長していっている生活です。

 

大学時代の進化系みたいな生活ですね。

 

自由に学べる大学生活の、
お金の制限ないバージョン的な。

 

昔とは前提が違う

 

ここまでの文章を読むと、

「大学生より社会人の方が絶対ええやろ」

「サラリーマンじゃなくて自分でビジネス持てば解決」

 

って感じなのですが、

じゃあなんで全国の大人たちは

「大学生活が人生の夏休み」

「社会人は消化試合よ」

と言うのか?

 

これには時代が大きく関係しているんです。

 

2019年現在で、40歳以上の大人たちにとっては、インターネット技術にそこまで馴染みがないから、

「社会人ってのは99%の人がサラリーマンになるもんや」

「ごく一部の特殊技術を持つ人や、もしくは不動産など利権を持っている人が起業するもの」

という前提でした。

 

だから普通の社会人は
サラリーマンになるしか
選択肢がなかったんですね。

 

技術も利権も持ってない人が大半ですから。

 

仮にその状態でも起業するとしたら、
飲食店などのリアルビジネスしか選択肢がなく、
利益率も悪いし、初期投資(在庫や店舗)で
何千万円もかかってしまいます。

 

だから起業のハードルが高く、
また起業しても倒産する確率が高かったんです。

 

なので起業を推奨しにくい時代でしたし、
大企業はどんどん伸びていっていましたから、
大企業に就職するというのが
多くの人にとって最適戦略だったわけです。

 

一方今の時代は、起業が最もしやすい時代です。
なぜなら、インターネット技術が発達しているからです。

 

インターネットを利用したビジネスがたくさん生まれ、その全てが、コストがほとんどなく成り立つビジネスです。

 

店舗もいらない
在庫もいらない
お金がほとんどかからない

 

なのにレバレッジが効いて、
効率よく大きなお金を持てるようになる。

 

全くリスクがないんですよね。
失敗しても借金すらしないから。

 

失敗や倒産のリスクが0になり、
逆にうまくいく確率が跳ね上がりました。

 

だからこれだけ稼いでいる人が
多いんですよね。

 

例えば僕の場合、インターネットビジネスをしていますが、毎月の固定費はブログのドメイン代とサーバー代2000円くらい。

あとはメールサービスに月1万。
これだけです。

 

月に1万円くらいしかお金がかからないから
倒産や破産、失敗なんて存在しないし、
儲けがほぼ全て純利益になります。

 

店舗や在庫もないのでお金がかかりません。

 

リスクがないし、うまくいく確率が
高すぎるんだからネットビジネスを
やらない理由がないってわけです。

 

だから今の時代なら迷わず起業一択ですね。

 

現役大学生のあなたへ

 

今、大学に行っている人に
伝えたいことは2つです。

 

まずは徹底的に遊びましょう。

 

人生を楽しむことは重要ですし、
大学はそのためにあるわけですからね。

 

遊びっていっても、怠惰に過ごすだけというわけではなく、色んな経験をすることを遊びと言っています。

 

海外旅行に行ってみる

いくつかバイトしてみる

サークルで色んな人と交流する

読書に没頭する

勉強する

 

いろいろ遊んだり
経験したほうがいいです。

 

で、伝えたいことのもう一つは、
自分でビジネスを始めましょうってことです。

 

これがめっちゃ大事です。

 

昔と違って、今は大学生でも個人で簡単に
ビジネスができるようになりました。

 

実際に月100万以上稼いでいる大学生なんて
たくさんいます。

 

珍しいことでもなんともないです。

 

なんとかビジネスに
チャレンジしてほしいなと
思うんです。

 

もし大学在学中にビジネスにチャレンジして
月に数十万円でも稼げるようになったら、
人生の選択肢が一気に増えます。

 

具体的に言うと、就職するかしないか
選べるようになれるんです。

 

自分のビジネスで生きていくという選択肢がないと、就職するしかなくなります。

 

これでは将来の可能性や自由が
一気に減ってしまいます。

 

もし月に50万でも稼げてたら、

「就職して給料もらうよりすでに稼げてるやん。就職しなくてよくね?」

 

という発想になれます。

 

こうなると本当に強いです。

 

卒業後、自分でビジネスを継続して、
どんどん収入を増やしていきながら、
やりたいことや学びたいことに
どんどん挑戦できるようになるし、

 

どこに住もうが海外にいようが、
全てが自分の選択次第になります。

 

 

僕はこの、「自分でビジネスをやる」
ということを大学時代にやっていなかったので
今でも後悔があります。

 

学生時代は友達と遊びまくったり
読書しまくったり部活動に
没頭したりして楽しかったので
ほとんど後悔はないんですが、
ビジネスをしなかったことは
強く強く後悔してるんですよね。

 

なんで思いつかなかったんだ

と悔しい思いを何度もしました。

 

もし自分で在学中にビジネスをしていたら、
28歳の現在、もっと先まで進めてたんです。

 

僕はサラリーマンになってから
個人でビジネスをするメリットに気付いたので
本当に無駄にしたものが多かったです。

 

まずは時間を無駄にしました。

 

個人でビジネスをするメリットに
大学のとき気付いてたら、
サラリーマンで3年間も
ダラダラ過ごしていなかったからです。

 

また、労力も無駄にかかりました。

 

個人でビジネスをすることを決意しても、
会社員の場合、新しいビジネスの勉強や
準備をするための時間がほとんどありません。

 

だから僕は、ビジネス塾に入って、
そこでもらった資料を
勤務時間中に読み込んでました。

 

営業車の中で仕事をサボって、
必死にビジネスの勉強をしたんです。

 

会社のノルマも達成しつつ、
個人の勉強をするのは
きつかったです。

 

学生時代にビジネスの勉強をスタートさせていたら時間もたっぷりあるので、そこまで無茶せずにコツコツ勉強できていたのになあと思いました。

 

だからこそ、今の大学生にはぜひ
ビジネスにチャレンジしてほしいなと思います。

 

未来は自分で手に入れるもの

 

欲しい未来があるなら
自分の手で掴むべきだし

 

夢は誰かに叶えてもらうものじゃなく、
自分でもぎ取るものです。

 

無理に流れを変えないと
自分でビジネスをすることなんて
できないです。

 

親が起業を推奨してくれるわけないですし、
大学も就職を支援します。

 

就職した後も、ずっと会社で働くことを
前提として会社は社員に関わってきます。

 

つまり、抵抗しなければ
永遠に流されてしまいます。

 

思考停止の代償は大きいです。

 

現状に違和感を抱き、なんとか重い腰を上げて
個人のビジネスにチャレンジしなければ、
社会に流されて生きていくことになってしまいます。

 

苦しい方を選ぶとどんどん楽になります。
楽な方を選ぶと、どんどんしんどくなります。

 

ぜひ自分で行動して、理想の人生を
手に入れてほしいなと思います。

 

今回は以上です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして450万円を稼いでいます。
しかし、
月収450万を稼いでいますと言っても
信じられないと思います。

何か専門的なスキルを持ってるんじゃないか?
才能やセンスが最初からあったんでしょ
何か特別や怪しいことしてるんじゃ?

そう感じると思います。

でも僕はもともと普通のサラリーマンでしたし、
何も専門的な能力などありませんでした。

そんな僕でもネットビジネスを勉強し実践し、
ここまで稼げるようになりました。

要は知ってるか知らないか。
ただそれだけなんですよね。

正しく勉強して実践すれば
誰でも稼げるし、稼げたら自由になれるし
自信もつきます。

こういった経緯から
「ビジネス初心者が0から行動して資産をつくっていく方法」
をテーマにメルマガで公開しています。

興味があればサクッとメルマガに登録して読みすすめてみてください。

→りょうのプレミアムメルマガを読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「この記事は良い」と思ったら

下のSNSボタンでシェアしていただければと思います。