こんにちは、りょうです。

 

24歳でネット起業して早4年
経ちましたが、

 

この4年で他人からの僕の評価は
すごく上下しました。

 

僕自身の内面は全く変わってません。

 

人の評価ってのはそれくらいすごく
適当なものです。

 

結果を出せば人はちやほやしてくるし
評価なんて適当だからこそ
他人の意見に左右されずに
自分のやりたいことに突き進んでほしいな

 

ということを伝えたく、
記事を書きます。

 

 

ネット起業するとき

 

人は、他人が新たなことをするとき、
また珍しいことをするとき、
必ず反対してきます。

 

本気でその人のためを思って
アドバイスしてきます。

 

アドバイスがおおむね、反対という
形式になって現れるんです。

 

あまりに自分たちの現状や
常識と掛け離れると
コンフォートゾーンに戻りたくなって

 

「そんなことしたらダメ!」
と本気で言ってきます。

 

 

悪気はないんですけどね。
無意識が働くから仕方ない。

 

 

例えば僕は24歳のときに
メガバンクを退職して
情報発信ビジネスに取り組み始めました。

 

そのときはもう凄かったですよ。

 

反対の嵐。

 

大バッシング。

 

親なんて泣いてましたからね。

 

 

「なんで良い会社まで入れたのに
辞めて起業なんてするの!?

 

失敗したらどうするの!?
借金したらどうするの!?

 

うまくいく確率なんて低いじゃない!!」

 

 

みたいなことを言われました。

 

 

実際のところ、ネットビジネスは初期費用も
かからないし、在庫も不要で店舗も構えないので
借金する可能性ってのは0なんですが、

 

そういう問題じゃなかったですね。

 

 

「ああー。僕は親にすら信じてもらえてないんだ」

 

 

と、半ば失笑気味でした。

 

自分の親にすら信じてもらえないんだったら
世の中の人全員に信じてもらえないだろうな。

 

だったら自分で自分を信じてあげるしか
成功する道に進めないな、と思いました。

 

だからあなたももし親とか周りの人に
応援してもらえなくても、自信をなくさなくて
大丈夫です。

 

どうやらこの世の中は自分くらいしか、
成功していない段階で将来の成功を
信じることができる人はいないようですよ。

 

 

会社を辞めてからは、元会社の同期や
先輩からもたくさん心配のラインがきました。

 

 

「自分で起業なんて大丈夫か?」

「無理だろ?」

「今からでもおそくないから金融業界の
会社に転職したらどうか?」

 

 

みんな心配してくれてたけど
起業を応援してくれる人はいなかったな…。

 

 

月収100万突破

 

情報発信ビジネスに取り組み初めてから
半年くらい経ち、毎月100万以上稼げるように
なった。

 

 

ここで周りの反応はガラッと変わった。

 

友人や会社の元同期たちは

 

「すごいな!」

 

「りょうはもともと変わってたからな。
成功すると思ってたよ」

 

「お前はもともと頭良かったんじゃないか」

 

こいつらなんでこんなコロコロ意見変えるんや。
そう思った。

 

親はまだ半信半疑だった。

 

「100万はすごいけど、ずっと安定して
稼げるものなの?やっぱり転職したほうが
安定なんじゃない?」

 

この人たちは保守派すぎる、もう放っておこう
と思った笑

 

 

思うに、結果を出すと人の評価は
ガラッと変わる。

 

それを身をもって経験した。

 

逆に、努力とか、自分がいくら
頑張ってるかなんて誰も見ていない。

 

また、その人の将来のポテンシャルなんて
誰も考慮してくれない。

 

結果が全てだ。

 

結果さえ出せばみんな認めてくれ、
生きやすい世の中になる。

 

これからビジネスを始める人は、
とにかく結果にこだわってほしいなと思う。

 

また、自分の人生の方向性が決まる局面ってのは
人生で数回あると思うけど、その局面で
大多数の人が賛成する方向性に進むと
100%成功できなくなることを
覚えておいてほしい。

 

例えば僕の場合は、就職活動で
メガバンクに受かった時
誰もが僕を祝福した。

 

「これでもう人生安泰だね!」

 

「年収1000万稼げる企業だから安心」

 

「大企業のブランド力は最強」

 

みんなが僕を褒めた。

 

でも実際その道に進むと
全く面白くなかったし、
サラリーマンである以上成功なんてできない。

 

成功する可能性がある道とは、
リスクのある道だ。

 

リスクのある道は少数派の人間が
選択する道だ。

 

少数派が選ぶってことは
大多数から反対される道だ。

 

だから、大多数から反対される道を
選ぶと、成功する可能性があるということ。

 

だから積極的に反対される道に進もう。

 

反対されたら安心していい。

 

「ああ、自分は少数派の意思決定が
できたんだ」と。

 

突き抜けた人生を手に入れたいなら
みんなが反対する道に進もう。

 

また、その道を選ぶ時点では、多くの人が
間違いだと思っているけど
時間が経てばその道がみんな正解だと気づく

 

という場合もある。

 

投資のような側面があるんです、
ビジネスや成功には。

 

投資の銘柄選びのように、
自分が今後進む道が現時点では
おいしい選択肢だとみんな気づいていない
状態で、自分がその道を選択するから

 

時を経て恩恵を享受できるんです。

 

批判や反対はその恩恵のための
必要経費みたいなものです。

 

これについては下記のツイートで
的確に解説してくれる人がいます。

 

 

 

 

こちらですね。

ぜひ参考にしてみてください。

 

月収400万になった

 

月収100万時代も通り過ぎ、
最近は月収400万稼げている。

 

ここまでいくと、さらに
周りの反応が変わる笑

 

100万以上の財布を使い、
財布の中には常に50〜100万入っている。

 

 

親に会うと100万ほどあげるし、
生活水準もかなり上がった。

 

別にキラキラした生活に憧れて
しているわけではなく、

 

全く無理してないのに、自然に
そういう水準になっている。

 

金持ちブランディングでもない。

 

もう周りの人からも扱いが変わってしまった。

 

地元の友達たちは
褒められるでも
批判されるでも
揚げ足をとられるでもなく

 

「なんか別世界の人になっちゃったな・・・」
という扱いをしてくる。

 

関わる人たちと話しているとき、
「やっぱり成功者は違う・・・」
と例え僕の欠点すらも
なぜか肯定してもらえるようになった。

 

それくらい人の評価は適当だ。

 

僕の内面は起業するときから
今まで別に変わってない。
進化もしてない。

でもみんなの扱いが変化してるだけ。

 

 

これがリアル。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして450万円を稼いでいます。
しかし、
月収450万を稼いでいますと言っても
信じられないと思います。

何か専門的なスキルを持ってるんじゃないか?
才能やセンスが最初からあったんでしょ
何か特別や怪しいことしてるんじゃ?

そう感じると思います。

でも僕はもともと普通のサラリーマンでしたし、
何も専門的な能力などありませんでした。

そんな僕でもネットビジネスを勉強し実践し、
ここまで稼げるようになりました。

要は知ってるか知らないか。
ただそれだけなんですよね。

正しく勉強して実践すれば
誰でも稼げるし、稼げたら自由になれるし
自信もつきます。

こういった経緯から
「ビジネス初心者が0から行動して資産をつくっていく方法」
をテーマにメルマガで公開しています。

興味があればサクッとメルマガに登録して読みすすめてみてください。

→りょうのプレミアムメルマガを読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「この記事は良い」と思ったら

下のSNSボタンでシェアしていただければと思います。